china

50th日本形成外科学会総会 | 美容外科ヴェリテクリニック銀座院

HOME>> 学会・メディア活動-TOP>> 2007年>> 50th日本形成外科学会総会

clear

50th日本形成外科学会総会

▶ 隆鼻術におけるglabella augmentationの役割

目的:

隆鼻術の目的は鼻背を高くして鼻筋を通すことであるが、nasionの位置は頭側に移動する。そのため、nasionの位置が低い症例では、鼻筋が頭側に伸びて短鼻が改善される。

しかし、nasionの位置が正常か、高い症例では鼻が長くなりすぎる。これに対し、glabella augmentationでは、nasionを尾側に移動する効果がある。われわれが行っているglabella augmentationの術式と症例結果を報告する。

方法:

glabella augmentationはヒアルロン酸注入による方法が簡便である。今回は人工物の挿入による方法を主に紹介する。挿入は鼻腔内切開で可能であるが、鼻中隔延長術を併用する時にはopen rhinoplastyで行う。

使用する挿入物は厚さ2㎜のPTFEを重ねたものをトリミングして作成する。プロテーゼの形は下縁が鼻背の幅に相当し、上縁はそれより太くする。上縁の幅は、患者の希望に合わせ、狭いものでは眉間中央1.5㎝、広いものでは眼窩上縁に及ぶように4㎝にする。

プロテーゼに通した糸を眉間の皮膚から出して、丸めて挿入したプロテーゼをポケット内で広げるのに用いる。術後はサーモスプリントを1週間あてる。

結果:

隆鼻術の既往のある症例にはglabella augmentationを単独で行った。その他では、隆鼻術とglabella augmentationを併用した。

glabella augmentationの結果、正面では眉間から鼻先まで、鼻筋が通った。側面では、nasionの位置が瞳孔から開瞼時の上眼瞼縁の高さにとどまり、鼻が上方に長くなりすぎるのを避けることができた。

考察:

隆鼻術を希望する症例に対しては、眉間の突出と鼻根部の陥凹とnasionの高さを考慮して、glabella augmentationの適応を検討する必要がある。

サイト内検索

INFORMATION Ⅱ

院長プロフィール 銀座院クリニック概要 ドクター紹介 診療・手術の流れ 料金一覧 お問い合わせ アクセス

銀座院 Google Map

 

Googleインドアビュー


写真をマウスでドラッグして、お好きな方向を自由にご覧ください。また、クリニック概要でもご覧いただけます。
クリニック概要 >>

↑ PAGE TOP