china

第26回日本頭蓋顎顔面外科学会、盛岡|美容外科ヴェリテクリニック銀座院

HOME>> 学会・メディア活動-TOP>> 2008年>> 第26回日本頭蓋顎顔面外科学会、盛岡

clear

第26回日本頭蓋顎顔面外科学会、盛岡 2008/10/16-17

パネルディスカッション「顔面の美容―診断のプロセスと方法」

■ 上端と下端の位置を考慮した隆鼻術の手術ビデオ

隆鼻術の目的は鼻背を高くして鼻筋を通すことである。美しい鼻の輪郭を作るためには、隆鼻の上端(鼻根部)と下端(鼻尖)に対して、前方への突出(projection)と上下の位置を考慮しなければならない。

隆鼻の下端をどこまでにするのかは鼻尖のprojectionが十分かどうかで判断する。

鼻背と鼻尖の両者のaugmentationが必要な症例にはL型のシリコンプロテーゼを用いるのが一般的であるが、L型プロテーゼでは鼻尖の頂点の位置が頭側にずれることが問題である。

私は鼻尖の位置を正確にコントロールするため、鼻背のプロテーゼの下端はsupratipまでとし、鼻尖に対してはそれとは別の物を用いている。

鼻尖にわずかなaugmentationを必要とする例では耳介軟骨かPTFEを鼻翼軟骨の中間脚の上にonlayする。

鼻柱の延長と鼻尖の頭側移動が必要な例ではcolumella strutを用いる。鼻尖が頭側にずれるのを防ぐ、あるいは、鼻尖を下方へ伸ばしたい時には鼻中隔延長術を用いている。

隆鼻の上端をどこまでにするのかは、下端の位置に劣らず重要である。隆鼻術は鼻背を高くして鼻筋を通すが、鼻根部(nasion)の位置は頭側に移動する。

そのため、nasionの位置が低い症例では、鼻筋が頭側に伸びて短鼻が改善される。しかし、nasionの位置が正常か、高い症例では鼻が長くなりすぎる。

これに対し、glabella augmentationでは、nasionを尾側に移動する効果がある。

glabella augmentationはヒアルロン酸注入による方法が簡便である。永続的な効果を期待する症例に対してはシート状のPTFEを重ねてからトリミングした隆鼻材を用いている。

今回は最近最もよく施術している鼻中隔軟骨を用いた鼻尖形成術(鼻中隔延長術)とPTFEを用いた鼻背から眉間までのaugmentationの手術をビデオにて供覧する。

サイト内検索

INFORMATION Ⅱ

院長プロフィール 銀座院クリニック概要 ドクター紹介 診療・手術の流れ 料金一覧 お問い合わせ アクセス

銀座院 Google Map

 

Googleインドアビュー


写真をマウスでドラッグして、お好きな方向を自由にご覧ください。また、クリニック概要でもご覧いただけます。
クリニック概要 >>

↑ PAGE TOP