ホーム > Dr.福田の学会・メディア活動報告 > 第34回日本美容外科学会総会

Dr.福田の学会・メディア活動報告

第34回日本美容外科学会総会、福岡 2011/9/29-30

パネルディスカッション: 鼻尖部の2次的修正を希望した症例
一般演題: 上口唇リフト(鼻下長修正術)の効果

まとめ

■上口唇皮膚の実際の切除量と術後短縮量は一致するのか?
- 実際の切除量に比べて短縮量は小さい
平均2ミリ、最大5ミリ、一致する例もあった(5例)

■2回以上の上口唇リフトを希望する症例があった
1回の口唇短縮量が足りなかった

■鼻翼は広がるのか?
1- 最大3ミリの拡大(M型切除で広がりやすい)
- 2ミリ程度の拡大・縮小が起こる

■口角は持ち上げられるのか?
- 口角は最大5ミリ持ち上げられた
- (撮影時の表情・口唇の筋肉の緊張の影響か?)


講演する福田先生


中西 元総院長とツーショット


日本美容外科学会総会からの感謝状


記念品

LINE友達追加