ホーム > Dr.福田の学会・メディア活動報告 > 第37回日本美容外科学会総会

Dr.福田の学会・メディア活動報告

第37回日本美容外科学会総会 東京 2014/09/03-04

シンポジウム:逆Z法による蒙古襞形成

ヴェリテクリニック
福田 慶三

目頭切開術の結果、目頭が見えすぎて気持ち悪い、目が寄りすぎて怖いといった不満を訴えて来院する症例に対して蒙古襞の再建を行っている。

そのうち、立体的な重なりのある蒙古襞を希望し、かつ、涙丘内側端を1ミリ程度隠して欲しいと希望する症例に対しては、目頭切開術に用いるZ形成術のデザインを逆にした方法、(俗称)逆Z法を行っている。

今回は、逆Z法のデザインと手術方法を紹介する。また、逆Z法を用いた自験例の術前・術後の写真をもとに後ろ向きの調査を行い、作成された蒙古襞の大きさや形を検討したので、その結果も報告する。

逆Z法のデザインと手術方法を紹介



感謝状


「逆Z法による蒙古襞形成」講演の感謝状

LINE友達追加