ホーム > 藤本院長のカウンセリングルーム > 隆鼻術について

藤本院長のカウンセリングルーム

隆鼻術について

隆鼻って鼻を高くするんでしょ?

ハイそうです。高くなります。

しかし、高くなり方に色々な差があります。
1番の違いは、入れる素材による違いです。
今、隆鼻で用いられる素材は

1.シリコン(1番多いですね)
2.ゴアテックス(使う施設は限定されます)
3.肋軟骨や砕いた耳介軟骨

それぞれに利点欠点ありますが、なぜシリコンが多いのでしょうか?
それは《既製品があるから》でしょう。

局所麻酔で、クローズ法で既製品シリコンを入れる。
これが一番普及している隆鼻術だと思います。

これが既製品シリコンです。
既製品シリコン

よくできた形で、長く使われているには理由がありますが、弱点はフィット性です。
鼻骨は色々な形があり、細い人もいれば曲がった人もいます。
シリコンの裏側(つまり骨側)は緩やかな扇状で、その形と骨の形には差がありますので、ズレや動いてしまう原因になります。
では、どうしたらよいでしょうか?

フィット性がよいものを作ればいいのです。
オーダーメイドプロテーゼというと皆がそのような形がフィットしたものを想像するでしょう。
しかし、言葉の定義は曖昧で、どのようにオーダーメイドをするかは知らないことが多いです。
既製品でなければオーダーメイドと、乱暴に言えば言えてしまいます。
では、当院のオーダーメイドとはどんなものをいうか、以下に説明します。

1.頭蓋骨の3DモデルをCTデータから3Dプリンターを使って作成します。

2.鼻骨に合わせてゴアテックスやオーダーメイドシリコンのもとになる形を作成します。
(高さや鷲鼻の希望の有無や太さなどをあらかじめ相談して決めておきます。)

これだけですが、ベースには必ずフィットしますから、ズレや動きに対してはかなり少なくできております。
ゴアテックスも骨にフィットするように自分たちで作りますから、オーダーメイドと言えます。
そう考えれば当院の隆鼻術はほぼ全てがオーダーメイドということになります。

ズレたから修正したい方、ズレるのが心配な方、さらに形にこだわりたい方、もちろんこだわりがない方も^_^

是非ヴェリテの隆鼻術をご検討下さい。

LINE友達追加