ホーム > 藤本院長のカウンセリングルーム > 顔を小さくすっきりモニター様(エラ削り、ボトックス、リポビーン)

藤本院長のカウンセリングルーム

顔を小さくすっきりモニター様(エラ削り、ボトックス、リポビーン)

他院でボトックスを注射したことはあったとの事ですが骨がどうしても気になるとの事でご来院されました。

下顎骨の大きさはもちろん目立つのですが、それと同じくらい脂肪の厚みが気になります。

咬筋も動いていましたので、まずは注射で脂肪と筋肉を減量してから骨も考えましょうと提案させていただき、脂肪の溶解をリポビーンで、筋肉の減量をボトックスで行いました。

注射のみの結果が次の写真です。

脂肪と筋肉が減ってすっきりはしたのですが、骨の輪郭が残されて、四角い印象が強くなっています。

骨を考える前提で行っていますので、問題ありませんが、注射のみで行う際にはこのように頬下のこけた感じが出てしまうことや、エラが張っている方はかえって骨の輪郭が目立つ場合があるので注意が必要です。

そこからエラを削りましたが、エラの角のみを落とすというより、前方までなだらかに顎に連続するように切っていくのがきれいなエラのラインを作るためには必要と考えています。

また、エラだけでなく正面からの幅も小さく見せるように下顎骨の外側の皮質もかなり削りました。

術後3か月の写真です。

お顔全体が出せないのが残念ではありますが、もともと可愛らしい雰囲気をお持ちであったので、頬から下がすっきりしたことで一気に大人っぽく、かわいい雰囲気になりました。

ご本人からも「完成形です」と言っていただけるほどにご満足いただけましたので、一安心ですね。

輪郭は骨、脂肪、筋肉、あるいは耳下腺、皮膚といろいろな要素が絡みますが、すべてを考えた上で正しいアプローチをすれば劇的に印象が変わると思います。

私は、CT撮影後、3Dの骨モデルを作成し、デザインし、モデルで実際切って完成形を作成したうえで、手術に臨みます。

ページの最後に各段階での比較写真を掲載していますので、効果がはっきりとわかると思います。

顔の輪郭でお悩みの方、モニター募集も行っていますので、ぜひカウンセリングにお越しくださいませ。

LINE友達追加