ホーム > Dr.福田の匠の技 > 目頭切開

Dr.福田の匠の技

目頭切開

目頭切開とは目の内側を覆い隠している蒙古襞を取り除く手術です。目頭切開の効果は目と目の間の距離が縮まり鼻筋が通ったメリハリのある顔になります。


1.目頭切開とは


1-1 目鼻立ちがくっきり見える目頭切開

目頭切開術は小さな手術ですが、顔の印象を変える効果が非常に大きい手術です。目の内側の端、つまり目頭がほんの1ミリか2ミリ変化するだけで、顔の印象ががらっと変わります。


1-2 目頭切開の効果は

1.目が大きくなる。

これは、蒙古襞(もうこひだ)で隠されていた部分が表に出てくるためです。

2.末広型の二重が平行型になる。

二重の巾が狭い人では末広型のままということもあります。正確に言うと末広型が平行型に近づく効果があります。

3.鼻筋が通ったメリハリのある顔になる。

これは、目と目の間の距離が縮まるためです。



1-3 蒙古襞(もうこひだ)とは

蒙古襞(もうこひだ)を簡単に説明します。

目をよく見てみますと、真ん中に黒目があってその外側と内側に白目があります。黒目より内側の白目は端まで行くとピンクの肉になります。これを専門用語では涙丘と呼びます。

蒙古襞(もうこひだ)のある人ではこの目の内側の端にあるピンクの肉が蒙古襞(もうこひだ)で隠されています。


蒙古襞(もうこひだ)のない人(西洋人はありません)はピンクの肉が完全に見えています。

目頭切開は目の内側を覆い隠している蒙古襞(もうこひだ)を取り除く手術です。


1-4 目頭切開をしても無駄な人

蒙古襞(もうこひだ)が張っていない、あるいは非常に小さい人は目頭切開を受けても効果がありません。



1-5 目頭切開でどこまで目が大きくなるのか

目の大きさは生まれつき決まっています。

蒙古襞(もうこひだ)が張っている人は、その目の一部が蒙古襞(もうこひだ)に隠れているため、目が本来の大きさより小さく見えます。

目頭切開を受けることによって、蒙古襞(もうこひだ)の後ろに隠れていた目が表に出てきますので、目が大きくなります。

これは隠れていた目が姿を現すだけで、もともとの目の大きさがそれ以上に大きくなるわけではありません。

目頭切開を受けることによってどこまで目が大きくなるのかというと、蒙古襞(もうこひだ)の後ろに隠れていた目の大きさまでしか大きくならない、それが限界ということです。

目頭を沢山切開すればするほど、目が大きくなるわけではありません。


2.目頭切開の注意点


2-1 目頭を沢山切開したからといって、きれいな目になるわけではない

ここで注意しなければならないのは、目頭を沢山切開したからといって、きれいな目になるわけではないと言うことです。

沢山切開したことによって、変な目になる人がいます。

ここでお見せするのは、目頭切開を受けたことのある患者さんの目元です。





目頭のピンクの肉の形が尖った三角形をしていると、違和感がありません。

しかし、ピンクの肉が四角かったり、丸かったり、鳥のくちばしのように細長すぎたりすると、異様な感じがあります。



2-2 目頭切開をする前に確認すること

目頭切開をする前に、目頭のピンクの肉の大きさと形を確認することが大切です。

もし、四角や丸や長すぎるタイプならば、蒙古襞(もうこひだ)を全部切開しないで、一部残すのがよいと私は思います


2-3 患者さんが望むなら

もちろん、患者さんが目頭の形がちょっとぐらい変でも、目と目をできるだけ近づけて欲しいと希望されるならば、蒙古襞(もうこひだ)をしっかり切開することはできます。





2-4 二重と蒙古襞の位置関係

末広型になるのか平行型になるのかは、二重の線と蒙古襞の延長線の位置関係によって決まります。

蒙古襞(もうこひだ)を全部切開すると、末広型の二重は平行型になります。

蒙古襞(もうこひだ)を一部残すように控えめに目頭切開をした時には、末広型の二重がそのまま、末広型になることもありますし、平行型の二重になることもあります。


どちらになるかは、二重を作っている二重の線の高さと残った蒙古襞(もうこひだ)の位置関係によります。

蒙古襞(もうこひだ)によってできるシワの線が二重の線より高いと末広型になりますし、低いと平行型になります。

控えめに目頭切開をした後で二重が末広型になった人が平行型になりたいと希望するなら、二重を広くする必要があります。



3.目頭切開の手術法

3-1 目頭切開の手術法には色々な方法があります

ヴェリテクリニックで私が行っている目頭切開の手術法は、Z法、リドレープ法、皮膚切除法を使いますが、主にZ法を使っています。





 
  • きずあとがケロイドのように赤く盛り上がることがほとんどない。
  • 平行型の二重を作りやすい。
  • きずあとは正面から見える位置にできるが、最終的には目立ちにくい。



 
  • Z法と比べると、きずあとがほとんど見えない。
  • Z法と比べ、末広型の二重になりやすい。
  • Z法と比べ、術後1ヶ月間は傷跡が赤く盛り上がり目立つことがある。



 
  • きずあとが見えやすい。
  • 蒙古襞(もうこひだ)の大きさの微妙な調節がしやすい。


3-4 目頭切開の調整

いずれの方法でも、目頭の蒙古襞(もうこひだ)を完全に切開するか、控えめに切開するか、その調節は可能です。

また、控えめに行った結果、目頭切開の効果が物足りない時には、切開を追加することができます。




4.目頭切開の修正

4-1 目頭を開きすぎてしまったら、蒙古襞形成術で修正

【症例 1】


【患者様のコメント】

3年前、キリッとした顔になりたくて目頭切開の手術を受けました。

しかし今になって、癒し系の目元にしたくなったので蒙古襞形成の手術を受けました。

【症例 2】


【患者様のコメント】

他院で目頭切開を受けた後、目頭のピンクの肉が露出しすぎて、鳥のくちばしのようになって非常に違和感を感じていました。

ヴェリテクリニックで修正手術をしてもらてからは、人に目元をじっと見られても平気になりました。

【症例 3】

【症例 4】

LINE友達追加