ホーム > Dr.三苫のいつまでも若く美しくをあなたへ > くま・たるみの術後の修正の話

Dr.三苫のいつまでも若く美しくをあなたへ

くま・たるみの術後の修正の話

最近、私も眼の下のくま・たるみの修正の修正が結構増えています。もちろん、まったく手術が初めてという患者様が多いですが...

主なケースとしては、

1.脱脂をしたけど、効果がほとんど見られなかった。
2.脱脂をし過ぎてへこみすぎた。
3.脂肪やヒアルロン酸を次々と入れられ、いわゆる扇●機おばさんのようになってしまった。
4.3番までいかなくとも、脂肪やヒアルロン酸等が変なところに入っているので、不自然なしこりが触れるし、表情も不自然になってしまった。
5.他院でいわゆる「裏ハムラ」をやったけど、ほぼ症状は改善されなかった。
6.表ハムラまたはたるみとりをやったけど、まだ、クマ・たるみの凹凸が気になる。

1については、修正は簡単です。要するに脂肪がまだきちんと存在しているので、何もしていない方と同様、裏ハムラを行えば修正されます。

2が一番難しく、MFLや脂肪注入を組み合わせて、2~3回の手術を要することがほとんどです。

3、4については、ヒアルロン酸分解注射や、脂肪融解注射、注入時の瘢痕にも考慮して多少のステロイド等を使って、なるべく不自然なボリュームを取っていきます。その上でハムラに持ちこみますが、その際に注射でも取り損ねた余分な脂肪などをとってきたりする処置も追加していくことがあります。ただ、こういう注入系のケースでは、下の眼窩脂肪のボリュームが残っているので、比較的結果は良くなります。

5に関しては、もう一度当院で裏ハムラをさせていただきます。通常、くまの下の溝の剥離があまく、特に一番大事な内側部への脂肪移行が足りない場合がほとんどです。ぜひ、これからトライされる先生方、内側を是非一番大切にしてください。鼻の際まで剥離が必要ですし、脂肪移行が必要です。

6に関しても、もう一度裏ハムラをやり直します。ハムラを伴わないたるみ取りでは、凹凸の改善のしようがないので、その凹凸を強制してやれば目的は達します。表ハムラをした場合でも、やはり外反をおそれて脂肪移行の処置がどうしてもあまくなることが多いので、これを再度剥離し直し、もう少しきっちり脂肪と隔膜を広めに敷き直していきます。6に関しては、表を切られている以上、また表からアプローチをかけると外反のリスクが増えますし、皮膚のたるみ取りはいずれにせよ終わっているのですから、裏からのアプローチをおすすめします。

以上、修正のお話でした。
まあ、でもみなさん、どのケースもそこそこ良くなっておられます(^^)。
もちろん、修正ですから、一度の処置で終わらず、2~3回施術をさせていただくこともしばしばあります。
患者さんも大変ですし、修正は同じパターンはほとんど無いので、我々も1件ずつ、今までされた処置をお聞きした上で、何が問題なのかをなるべく汲み取り、最終的には傷を開けて中の様子を確認してから、頭をひねるのですが...
修正は根気がいります。ただ、眼の下に関しては、本当にいろいろなケースを見ているので、もし、困った方がいらしたら、ご相談に来てください。

LINE友達追加