china

ヴェリテ式豊胸術| 美容外科 ヴェリテクリニック銀座院

HOME>> 治療メニュー >> バスト-TOP >> ヴェリテ式豊胸術

clear

ヴェリテ式豊胸術

  

豊胸術でナチュラル感・安全性の両面から、もっとも重要となるのはバッグを挿入するスペースです。

当院では「筋膜下法」(=「サブファスチアル・レイヤー・メソッド」)という方法で胸の筋肉と乳腺の間にある薄い筋膜の下にスペースを作ります。

筋膜下法では、筋肉を傷つけないので痛みが少なく、又筋肉と筋膜の間にバッグを入れることによってバッグの輪郭が浮き出ることを防ぎ、なだらかで自然なバストを実現します。

  

豊胸術 目次

 

ヴェリテ式豊胸術 手術の流れ

両ワキを数センチ切開し、インプラントを挿入することで、胸のサイズアップを図ります。

当院では、バッグの上部を筋膜下に、下部を乳腺下に挿入するレイヤースイッチ法を第一優先に行っています。しかし個人の体型、ご希望の大きさ・形によっては大胸筋の下や乳腺の下に挿入することをご提案させていただくこともあります。

また、基本的な切開部位はワキの下ですが、ご希望により乳房下縁(アンダーバスト)・乳輪周囲からの切開を選んで頂くことも可能です。

clear

♥ 切開部位のパターン

clear

♥ 豊胸術の流れ

clear

世界高品質 バイオセルバッグ

    

7層構造がより高い安全性の証 :
シリコン漏れを防止するワンランク上の最新テクノロジー・バッグ

当院では、マックギャン社の最新バイオセルバッグを使用します。

このバッグは、同社が特許を持つバリアコートと呼ばれる層を含め全7層の多重構造で、これまでの豊胸術で一番問題となっていたシリコンジェルの漏れを確実に防止。

バッグのセルは強度が上がったにもかかわらず、これまでのどのバッグよりもソフト。

また、表面のバイオセルという組織適合に優れたテクスチャード加工(マックギャン社特許)のおかげで、被膜拘縮を予防します。

【麻酔方法】:全身麻酔

豊胸術|ダウンタイム・術後経過・術後に起こりうるトラブル・対応は こちら >>

clear

ヴェリテ式豊胸術 症例写真(スワイプできます)

豊胸術 症例 1 症例ナンバーMM-001

症例ナンバーMM-001a 正面

 

症例ナンバーMM-001b 斜め

 

正面 斜め

豊胸術 症例 2症例ナンバーMM-002

症例ナンバーMM-002a 正面

 

症例ナンバーMM-002b 横から

 

正面 横から

豊胸術 症例 3 症例ナンバーMM-003

症例ナンバーMM-003a 正面

 

症例ナンバーMM-003b 斜め

 

正面 斜め

 

サイト内検索

INFORMATION Ⅱ

院長プロフィール 銀座院クリニック概要 ドクター紹介 診療・手術の流れ 料金一覧 お問い合わせ アクセス

銀座院 Google Map

 

Googleインドアビュー


写真をマウスでドラッグして、お好きな方向を自由にご覧ください。また、クリニック概要でもご覧いただけます。
クリニック概要 >>

↑ PAGE TOP