china

脂肪融解注射 LIPOBEAN(リポビーン)|美容外科 ヴェリテクリニック銀座院

HOME>> 治療メニュー >> 脂肪吸引・部分痩せ-TOP >> 脂肪融解注射 LIPOBEAN(リポビーン)

clear

脂肪融解注射 LIPOBEAN(リポビーン)

今、韓国を初め、日本でも雑誌に取り上げられ話題となっているLIPOBEAN(リポビーン)

従来の脂肪融解注射(メソセラピー)に比べ、注入後に生じる腫れや痒みもなく また頭から足まで脂肪のあるところなら、どこにでも注射ができ、サイズダウンの効果が非常に高いことが特徴です。

従来の脂肪融解注射(メソセラピー)はコスメ剤として認可されていましたが、 LIPOBEANは医療用として初認可された薬剤ですので安心してお受け頂けます。

効果には個人差がありますが、平均1~2週間程度で現れ、月に1回程度で3~5回の 間隔で注射されることをおススメします。

周りに気付かれることなく、夏に向けて気になる箇所を細くすることができます。

LIPOBEAN(リポビーン)

【価 格】

1回(7cm×7cm) ¥12,000+税

3回(7cm×7cm) ¥33,000+税
(同箇所3回)

5回(7cm×7cm) ¥53,000+税
(同箇所5回)

 

脂肪融解注射 LIPOBEAN 手術の詳細

♥ 施術内容

PPCリポビーン(1アンプル)を5ml:生理食塩水を5ml、合計で10mlを用意して気になる施術箇所に皮下注射します。

身体の場合・顔の場合の投薬は以下です。

♥ 局所脂肪溶解

Aesthetic Surgery Journal(美容外科ジャーナル)に掲載された ダイアン・アーヴィン・ダンカン先生の局所的脂肪分解のためのPPC施術法は、次のように公表されています。

♥ 施術箇所

顔から足まで脂肪のあるところならどこにでも注射ができます。

以下の「顔」「BODY」のように、気になる箇所に施術が可能です。

【顔】

【BODY】

♥ 副作用

傷跡(5日間)、かゆみ(1日間)、炎症的感覚(1日間)

赤み(2日間)、腫れ(3~4日間) 手触りに対する敏感さ(4日間)

くぼみ(0.6日間)、小塊(1.1日間)

♥ 以下のような方には投与できません

・未成年、子供

・妊娠女性と母乳を与えている母親

・細小血管障害を有する糖尿病患者、または、かん流障害を有する患者

・自己免疫障害
(硬皮症、尋常性天疱瘡、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎)
ただし、禁忌とならない障害は、リウマチおよび橋本甲状腺炎

・重度の肝障害(肝硬変、癌腫)

サイト内検索

INFORMATION Ⅱ

院長プロフィール 銀座院クリニック概要 ドクター紹介 診療・手術の流れ 料金一覧 お問い合わせ アクセス

銀座院 Google Map

 

Googleインドアビュー


写真をマウスでドラッグして、お好きな方向を自由にご覧ください。また、クリニック概要でもご覧いただけます。
クリニック概要 >>

↑ PAGE TOP