china

フェイスリフト(リガメント法)|美容外科 ヴェリテクリニック銀座院

HOME>> 治療メニュー>> フェイスリフト-TOP >> フェイスリフト(リガメント法)

clear

フェイスリフト(リガメント法)

░ リガメントとは

リガメント イラスト1

顔面の皮膚と骨の間に貝柱のように皮膚を骨に強く固定しているのがリガメント(靭帯)です。

 

░ 老化の進行とたるみ

老化が進むと、皮膚や皮下脂肪は張りを失いタルミが生じてきます。軟らかくなった組織は重力に逆らってかたちを維持することができなくなります。

そのため、立っている時には顔の肉が下に垂れ下がり、仰向けになると外に向かって広がるようになります。

リガメント イラスト2

顔面の皮膚と骨の間に貝柱のように皮膚を骨に強く固定しているのがリガメント(靭帯)です。

顔の皮膚は顔面の骨に張り付いています。しかし、全体に渡って同じ強さで癒着しているのではありません。

リガメント(靭帯)と呼ばれる強固な繊維組織のバンドが数カ所に存在し、そのリガメントが貝柱のように皮膚を骨に強く固定しています。

青色で示す貝柱のような線維組織がリガメントです。

リガメントのある部分の皮膚は余り垂れ下がりません。一方、リガメントのない部分の皮膚が大きく垂れ下がってきます。

すなわち、リガメントのない部分が垂れ下がってふくらみとなり、リガメントのあるところは凹みとなりますので、顔がでこぼこした輪郭になります。

そして、頬から顎にかけてのタルミのため、顔が四角くなってきます。

 

░ リガメント法のメカニズム

リガメント法のメカニズム イラスト1

老化で皮膚がたるむとリガメントで固定されている部分が凹みとなります。

フェイスリフトは耳の前で皮膚を切り取って、頬のタルミを引き上げる治療法です。

リガメント(靱帯)と骨の癒着をそのままにして皮膚や筋膜を引っ張っても、リガメントが抵抗になってタルミを引き延ばせません。

 

リガメント法のメカニズム イラスト2

従来法のフェイスリフトで耳の前の皮膚をひっぱても、リガメントが抵抗となって前方のタルミを引き上げることができません。

リガメントを解除すれば、耳前部で引き上げようとする力がリガメントより前方の口角や法令線にまで届くようになります。

 

リガメント法のメカニズム イラスト3

リガメントをはずすことによって、前方のタルミを引き上げることが可能になります。

皮膚や筋膜はリガメントに比べると簡単に伸びてしまう組織なので、それを引っ張っても後戻りがおきます。

リガメント(靱帯)と骨の癒着をそのままにして皮膚や筋膜を引っ張っても、リガメントが抵抗になってタルミを引き延ばせません。

リガメントは皮膚や筋膜とは比べ物にならないほどしっかりした硬い組織ですから、リガメントを使って頬や首のたるみを引き上げると、術後の後戻りが起こりません。

強固なリガメントを引き上げに用いるため、強い力でタルミを引き上げることができ、後戻りがありません。

ヴェリテ式のリガメント法フェイスリフトでは、皮膚を骨に固定しているリガメントをはずし、そのリガメントをリフトのアンカーとして用います。

さらに、頬の筋膜も引き上げますので、耳前部で皮膚を強く引き上げる必要が無く、傷の治りがきれいで、耳の変形が起こりません。

░ リガメント法フェイスリフト

リガメント法フェイスリフト イラスト

● 耳前部で余った皮膚を切除します。

● カラスの足跡と呼ばれる目尻の皺を解消するため、目尻で眼輪筋を処理します。

● 眼輪筋を引き上げて、下まぶたとミッドフェイスのタルミをリフトします。

● 頬の咬筋前縁や頬骨に付着するリガメントを解除して、頬と顎のラインと首のタルミをリガメントで引き上げます。

 

リガメント法は、従来の方法では得られなかったリフト効果を得ることができるようになり、又、リフト持続期間が比べ物にならないほど長くなりました。

リガメント法フェイスリフト症例写真

【症例 1】 リガメント法フェイスリフトとブローリフト(眉毛のリフト)

【症例 2】 リガメント法フェイスリフトと上眼瞼全切開と下眼瞼切開

【症例 3】 リガメント法フェイスリフトと上眼瞼リフト

【症例 4】 リガメント法頬部・頚部フェイスリフト

【症例 5】 リガメント法頬部・頚部フェイスリフト

【症例 6】 リガメント法頬部・頚部フェイスリフト

【麻酔方法】: 全身麻酔

頬部・頸部フェイスリフト|ダウンタイム・術後経過・術後に起こりうるトラブル・対応は こちら >>

サイト内検索

INFORMATION Ⅱ

院長プロフィール 銀座院クリニック概要 ドクター紹介 診療・手術の流れ 料金一覧 お問い合わせ アクセス

銀座院 Google Map

 

Googleインドアビュー


写真をマウスでドラッグして、お好きな方向を自由にご覧ください。また、クリニック概要でもご覧いただけます。
クリニック概要 >>

↑ PAGE TOP