china
English 中文

ウルトラVリフトの詳細・体験レポート|美容外科 ヴェリテクリニック銀座院

HOME>> 治療メニュー>>  フェイスリフト-TOP >> ウルトラVリフトの詳細・体験レポート

clear ウルトラV PCLコグリフト

ウルトラVリフトの詳細・体験レポート

ウルトラV(メーカー)が開発した、PCLという素材でできたコグリフト「 ULTRA V EZ CANNULA PCL 」という新しい糸を実際に三苫先生が体験しましたので、施術の解説と合わせて経過報告をご紹介します。

ウルトラVリフト


ウルトラVリフト ULTRA V EZ CANNULA PCL とは

図1)周囲の組織に引っかかるトゲがたくさんついているコグを用いてリフトアップを行います。PCLという成分でできていて、2~3年で周囲の組織の水分と反応して溶けていく糸です。

コグリフトの糸

図2)コグの周りにはコラーゲン組織の被膜ができ、物理的に糸で引き上がると共にたるみにくくなります。

コラーゲン組織

図3・図4)気になる部分に10~15本(左右で20~30本)程度の糸を挿入します。なるべく面で引き上げるように多めの本数を入れていきます。図4-①のようにまず複数の糸で引き上げた後、その平面を引き上げるように第二段階として②、さらに第三段階として③という具合に引き上げていきます。第一段階でも引きあがるのですが、そこをサポートするようにさらに引き上げます。そうすることでより引き上げがより強くなります。

皮膚組織イメージ

リフトアップのイメージ

※部位により糸の入れ方が異なります。



ウルトラVリフトの糸(PCL)について

PCLとは、現在注入物でエランセ®という物質と同じ成分です。これまでのPDO(Polydioxanone)の素材の糸はおよそ数ケ月~1年程度で溶けていくものに比べ、より効果の実感が長持ちします。



ウルトラVリフトの特徴・メリット

1.切らなくてよい。

2.即効性があり、ダウンタイムが短い。

3.今までの吸収糸のリフトアップに比べ、効果が長持ちする。

4.皮下組織に張り巡らされるコラーゲン組織のおかげでたるみにくくなる。



Dr.三苫体験レポート(施術前後の比較)

右側の頬は、現在クリニックで使っているPDOという素材でできた糸14本と、左側の頬がPCLのVリフト14本を入れています。

PDOの方が素材的に硬いので術直後は強く引き上がった様に見えます。

PCLはPDOに比べて引き上がりはやや弱い様に感じますが、何といってもPDOの2倍くらい体内に糸が残る時間が長いので引き上げ効果が持続します。

PDOとPCLを混ぜて使うのがいいかもしれません。経過を見ていくのが楽しみです。

個人差もあると思いますが、術後2~3日は顔を動かすと軽い痛みと引きつれ感が強いです。

また、見た目にも強く引き上げれば上げる程、引きつれて見えます。腫れというよりも引きつれ感の方が目立つので、数日~1週間程度は気になるかと思います。

引き上がった事が嬉しくて、私自身は3日目以降からはあまり気になりませんでした。

術前・術後の写真
術前・術後の写真
術前・術後の写真
術前・術後の写真


経過の写真

【翌日】
翌日の写真翌日の写真


【3日目】
3日目の写真3日目の写真


【6日目】
6日目の写真6日目の写真


【13日目】
13日目の写真13日目の写真


【3週間目】
3週間目の写真3週間目の写真

ウルトラVリフトを受けてみて

今回、相当な数の糸を入れたのと、糸が固いこともあって、はじめの2~3日は多少の痛みがあったり、口を開けにくい感じがありました。

また、思いっきり引き上げているので、そのひずみが私の場合は頬骨あたりでややたまる感じと、触った時の凹凸感がありました。

ただ、腫れや内出血はたいしたことなかったので、社会復帰は3日ほどで出来るのではないかと思いました。心配でしたら5日~1週間といったところでしょうか。

1週間を過ぎた頃に大学勤務がありましたが、知らない人から見れば全くわからなかったようです。

およそ2週間の経過で、糸の固さによる多少のつっぱり感はありましたが、これは効果がある証拠ですし、口を大きく開けたりしなければ気にならない程度です。

30代~50代くらいの方で、少し頬からフェイスラインにたるみを感じ出してきた方には特にオススメしたい施術です。

施術後の腫れや違和感の期間も短いので、お仕事をされている方でもチャレンジしやすいかと思います。

カウンセリングの際には、より詳しくお話しできますので、お気軽にご相談下さい。

術前・3週間後の写真
術前・3週間後の写真
術前・3週間後の写真
術前・3週間後の写真


サイト内検索

INFORMATION Ⅱ

院長プロフィール 銀座院クリニック概要 ドクター紹介 診療・手術の流れ 料金一覧 お問い合わせ アクセス

銀座院 Google Map

 

Googleインドアビュー


写真をマウスでドラッグして、お好きな方向を自由にご覧ください。また、クリニック概要でもご覧いただけます。
クリニック概要 >>

↑ PAGE TOP