china

アヒル口(あひるくち、あひるぐち)| 美容外科 ヴェリテクリニック銀座院

HOME>> 治療メニュー>> くちびる・口元-TOP >> アヒル口

アヒル口

口角がクイッと上がっている唇「アヒル口」は口の形状が鳥のアヒルの口ばしに似た形で、女性の「キュートさ」や「セクシーさ」を表す特徴のひとつとされています。

最近「アヒル口」のアイドルタレントさんが注目され、その口の形「アヒル口」が可愛らしいと評判になっています。

「アヒル口」を形成するには、ヒアルロン酸注入を中心とした施術で、かなりリアルな「アヒル口」にする事が出来るようになりました。

clear

アヒル口 目次

 

clear

1. ジュビダームヒアルロン酸

    ジュビダームヒアルロン酸

通常のヒアルロン酸は表面麻酔をしても注入時に痛みを感じてしまいますが、ヴェリテクリニックで採用しているジュビダームヒアルロン酸は痛みを抑制する麻酔液が入っておりますので麻酔の注射よりも痛くない最新のヒアルロン酸です。

 

clear

2. ヒアルロン酸の特徴とは・・・

ヒアルロン酸は髪の毛以外のほぼ身体全部に含まれている体内物質で、特に水分や弾力を保つ働きがあります。

ヒアルロン酸は加齢とともに減少し、また、食品等から摂取することが非常に困難な成分ですので、アンチエイジングのためにはこれを補充することが必要です。

法令線や口角のしわのような加齢変化によってできた凹みによるしわを改善することが可能です。同様に、目尻の深いシワや眉間の深い縦ジワや額の横ジワにも効果があります。

頬がやせた方には頬をふっくらさせてチャーミングなお顔にすることもできますし、目の下のクマを改善することもできます。

また、目の上の凹みの改善や目袋形成これまで鼻筋や眉間を高くしたり、顎を尖らしたりするには、手術で人工のプロテーゼを挿入しなければならなかったのですが、ヒアルロン酸注入でそれも可能になりました。

clear

3. 効果のあらわれ

治療効果は注射の完了直後に確認できます。注入された部位にしこりのような硬さを不感じることがありますが、2,3日でなじんできます。

ヒアルロン酸の研究が進んで、体内での吸収が遅くて効果の持続が長いものが開発されてきました。

効果の持続期間は吸収の早いものでは3ヵ月から半年、吸収が遅いものでは完全に吸収されるのに2年以上かかりますが、4年以上効果が持続しているケースもあります。

clear

4. おススメの施術箇所

額の横ジワ・眉間の縦ジワ・目尻の深いシワ、法令線、口角のシワ

目の下のクマ、目の上の凹み

鼻筋や眉間、顎や頬の輪郭、エラの輪郭、涙袋形成

サイト内検索

INFORMATION Ⅱ

院長プロフィール 銀座院クリニック概要 ドクター紹介 診療・手術の流れ 料金一覧 お問い合わせ アクセス

銀座院 Google Map

 

Googleインドアビュー


写真をマウスでドラッグして、お好きな方向を自由にご覧ください。また、クリニック概要でもご覧いただけます。
クリニック概要 >>

↑ PAGE TOP