china

顔の横幅を縮小させて小顔に 頬骨削り|美容外科 ヴェリテクリニック銀座院

HOME>> 治療メニュー>> 輪郭形成-TOP>> 頬骨削り

clear

頬骨削り

小顔になるためのファーストステップ。医師の熟練した技術による的確な対応でアナタを導きます。

頬のラインは美しい輪郭を形成する上でとても重要です。小顔にするのに頬骨(きょうこつ)の整形は欠かせません。

頬骨削り 目次

 

clear

1. 頬骨削り 手術の流れ

  

口腔内の粘膜ともみあげの皮膚を切開し、頬骨の前面・側面・斜面のうち出ぱっている部分をカットして内側にずらしたり、削ったりすることで飛び出たフェイスラインを整え小顔にする手術です。骨の固定にはチタンプレートやワイヤーを使用します。

clear

頬骨+こめかみリフト

♥ 【頬骨】 症例1

輪郭の手術で小顔になったことが原因でタルミが目立つ場合があります。比較的高年齢で手術後に皮膚が骨になじまず中顔面のタルミがある程度予測できる場合は積極的に頬骨整形術に顔のリフトを組み合わせています。

又、若い方でもこの手術を受けられれば、小顔になると共に顔が引き締まってシャープになります。手術はこめかみリフトのデザインで生え際を切開し頬骨弓(きょうこつきゅう)後方の骨切りを行います。

頬骨の固定はミッドフェイスリフトの方向性を生かすためにやや上方に固定し中顔面の引き上げをいっそう効果的にします。ヴェリテ式頬骨整形術+こめかみリフトは輪郭とタルミを同時に改善できる、まさに一石二鳥の手術術式と言えます。

♥ 【頬骨】 症例2

頬骨の張り出し方によって施術は異なります。症例を分析することで、その方に最適な施術方法を選択。最終的には顔の横幅を細くするのが目的です。

施術には高度な技術が必要とされますが、当院の医師はこの分野に熟練しているので、様々な症例に的確に対応することができます。

clear

動画で見る手術の流れ

clear 頬骨削り 目次へ clear

【麻酔方法】: 全身麻酔

頬骨削り|ダウンタイム・術後経過・術後に起こりうるトラブル・対応は こちら >>

clear

頬骨削り 症例写真(スワイプできます)

頬骨削り 症例 1 症例ナンバーHH-001

症例ナンバーHH-001a 正面

 

症例ナンバーHH-001b 斜め

 

正面 斜め

 

サイト内検索

INFORMATION Ⅱ

院長プロフィール 銀座院クリニック概要 ドクター紹介 診療・手術の流れ 料金一覧 お問い合わせ アクセス

銀座院 Google Map

 

Googleインドアビュー


写真をマウスでドラッグして、お好きな方向を自由にご覧ください。また、クリニック概要でもご覧いただけます。
クリニック概要 >>

↑ PAGE TOP